33歳で出産準備のために専業主婦になったのをきっかけに本格的に学習を開始。英語に縁がなかったごくごくふつーの主婦が中学英語復習からスタート。子育て&英語学習に奮闘中!目指すはTOEIC900点獲得と英検1級合格。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
NOVAでの授業の様子を紹介します。

だいたいレッスンは生徒3名程度に外国人講師が1名です。
レッスン開始の最初の10分程度は毎回自己紹介をさせられます。その後テキストを使用して1つの英文表現を学びます。

とにかく嫌だったのが、毎回の自己紹介です。同じような内容を毎度のように言うハメになるのですから。時間の無駄とさえ感じていました。

同席する生徒は同じレベルのはずなのですが、英文法知識の差によって授業理解度に差ができてしまっているようで、それによるもどかしさも感じました。というのは、私自身が受験英語を詰め込んだ経験があるので英文法は割と記憶があり授業で解説される表現方法はすでに知っていたのでものたりないという不満が沸いてきてしまったのです。

授業はほとんど理解したので、すぐにレベルをUPしてもらえるのかと思っていました。が、どうやらある程度授業を消化しないと上のレベルにはいけないようでした。仕事が忙しかったので、週1回のペースでしか通えず、このペースではなかなか授業を消化することもできず、クラスはあがらず、授業は簡単でつまらない、よってやる気もでないという状態になってしまいました。

通学していた当時は、「たくさんの表現・語彙を覚えていけば達人になれる」という考え方だったので、簡単な表現構文をほんの少ししか教えてくれない授業形態にともて不満でした。高い授業料を払って、損をしたとすぐに思いました。

今を振り返ると、学校の利用方法を間違えていたと思います。
独学で英語力をつけてある程度しゃべれる状態になってから、アウトプットの場として利用をすれば、自分には学校利用も有益なものになったと、今は考えます。

英会話学校に通って英語を習得したという方ももちろんいらっしゃるので、一概に役に立たたずとはいえませんが、私が利用するのはまだまだ時期が早いというのが正直なところです。
以前に英会話学校に行ったことがあります。
今問題になっているあのNOVAです。

半年ほど通いました。が、結局最後まで通学せずで解約をしました。

入学から解約までのことを紹介しておきます。
現在入学を検討されている方の参考になれば幸いです。


まず入学を思い立ったきっかけは、独学で勉強をしているとどうしても怠けてしまう自分に嫌気がさして、少々の投資をすれば「元をとってやろう!」と本気になって勉強をするのではないかというものでした。

見学した学校は、NOVA、ジオス、イーオンの大手3校。通勤に利用する駅の近くにありました。
見学を希望の時はなるべく電話をしていってからのほうがいいようです。突然見学をしに行っても、営業担当の人がいなかったり、インタビューをしてくれる講師に空きがなかったりということがあるからです。

見学時の流れは、

 アンケート用紙を記入
     ↓
 学校の仕組みをパンフレットで説明・教室見学など
     ↓
 講師とのインタビューでレベルチェックされる
     ↓
 レベル判定の結果に基づき具体的なコースの説明
     ↓
 授業価格・時間帯・契約方法などの説明

となっています。

一番最初に書くアンケートの内容は
勉強をしたい理由、取得資格状況、通学したい時間帯、予算などで
この内容をもとに営業トークが展開されます。

講師とのインタビューは、自己紹介などに始まりとにかく会話を楽しみましょう!だいたい10分程度です。無料体験レッスンというのは、このレベルチェックインタビューのことです。いつでも無料ですからあしからず。

レベル判定の後の話からが本題です。自分にあったレベルコースの授業がいつ行われているのか、価格はいくらなのかと具体的な話になるからです。聞きたいことは遠慮せずにどんどん聞きましょう。実際に使っているテキストなども希望すれば見せてもらえます。

注意しなければならないのは、お勧めされるコースについてです。レベル判定ででた実際の実力とは違ったコースをお勧めされる場合があります。例えば本当は中級レベルコースがいいのだけれど、今現在にそのコースに空きがないときは、空きのあるコースにはめこもうと学校側の作戦があるからです。例えば「基礎からやりなおすべき」などと言葉巧みに初級コースをお勧めされたりすることが実際にあります。(英会話学校運営者より聞いた実話です…)

授業価格についてですが、多分始めて見学をされた方はその高額さ加減にびっくりすることでしょう。しかもその中でも高額のコースをお勧めされるのですから、血の気がひくことと思います。そして「早く決めないとコースが埋まってしまいますよ」のような即決を差し迫るトークさえ展開されるのですから。でも、即決は絶対にしないで!コースが満席になってしまっても、運ですよ。高い買い物をするのですから、見学した当日に契約するのはよしたほうがいいです。一度自宅に帰って、冷静になって判断すべきです。

高額の授業料の支払い方法ですが、基本は受講前の支払いです。一括で支払えない場合は、提携ローンを斡旋されます。「月額○○円でOK」といういい文句は、結局提携ローンを組んでその支払いを毎月返済にしたときのことです。提携ローンの金利は高いです。ちっともお得ではありません。もしローンを組まなくてはという場合は、学校斡旋以外のローンで借りたほうがいいかもしれません。銀行などでローンが組めないか検討してみてからのほうが賢いと思います。

とにかく、学校側のいいなりになって話を鵜呑みにしないことが鉄則です。いい話しかしてきませんから。そんな話を流しつつ、本当に自分にあった授業をしてもらえるのか、学校の雰囲気はいいのか、立地条件はあっているのか、冷静になってじっくりと判断をしてください。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。