33歳で出産準備のために専業主婦になったのをきっかけに本格的に学習を開始。英語に縁がなかったごくごくふつーの主婦が中学英語復習からスタート。子育て&英語学習に奮闘中!目指すはTOEIC900点獲得と英検1級合格。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は、大阪の東横インからUpしております。
東横インって、無料ネットコーナーがあるんですねぇ。しかも女性客には、保湿潤い顔パックとかメイク落としとか、もちろん無料でいただけます。寝る前に、保湿パックしよっと♪

さて本日は、キャリアアップセミナーメンバーでの新年会→有料投資掲示板での知人とお茶in京都→自分らしく生きるには講演in大阪と動きました。

新年会では、どんな状態であることが幸せと感じ・心が平安であるのかということを自分の言葉で表現しました。そう、幸せである最低限の条件を確信できました。

知人とのお茶タイムでは、自分の甘さを認めることができました。「ハングリー精神がない」、別の表現を使うと「必死さが足りない」ということです。1年前に「ぬるま湯人生だよね」と指摘されたことがあります。そのときには、「それは断じてない」と思ってました。が、今日は知人の実体験話を聞いて、自分がいかにユルイ状態=ぬるま湯であるか痛感しました。また、そのぬるま湯状態から抜け出したい!と思っている自分自身に気づきました。
もう1つ知人から指摘されたことは、「何がしたいの?あれこれ手をだしすぎ」ということ。
確かに…言えてる。興味のあることをあれこれ手を出すことがいいことだと思って、手当たり次第にやってみるものの、すべてが中途半端。中途半端の屍が死屍累々と…。
たとえば、英語学習にしても必死さがなくて、中途半端。1月のTOEICにしても、正直言ってしまえば次があるから「ま、いいかぁ」と少なからず思っていました。知人曰く「いつまでに何点絶対にとってやろ~と決意がないやろ?」と。うぅ(涙)、認めたくないけどその通りや。

宅建を3ヶ月で合格した知人の実話を聞いたときは、「ホンマに私はアカンやん…」と凹みました。「3ヶ月しかないけど、ここで受からなかったら次の試験は来年。そんなに待てない~」と耳栓して必死にやったそうです。本当にがんばってやるということは、そういうことなんだなぁと思いました。私、がんばってると思ってたけど全然そんなレベルじゃなかったです。

「必死さがないから就職も決まらないじゃないの?後がない…ことがにじみでてない」ともご指摘を。うん、確かに仰るとおりです。

夕方の大阪講演会は、やりたいことをはっきりさせて、それに打ち込むことの大切さを学びました。やりたいこととは、自分の好きなことです。自分の好きなことを見つけ、深めることが始まりということです。
で、自分なりに考えてみました。そう、なぜ英語を習得したいのかってこと。

なぜ英語を学習するの?
   ↓
いろんな人とコミュニケーションをとりたい。
たくさんの情報を読み取りたい。
   ↓
どうして、そう思うの?
   ↓
自分の知らないことを知ることが楽しい。
知らなかった部分を埋めることで自分が成長する、自分が変化していくことが実感できることがうれしい。

英語習得は、大学生のころからず~~っと思い描いてきたことです。が、必死さがなかったためにここまでズルズルときてしまってます。でもやっぱりこんな年になっても、ひっかかるってことはやりたいことなんだなと。学習をしていても、苦しいときもありますがワクワク楽しいです。

少し前に、中途半端になっているいろいろをやってみる…と記事をUpしました。
が、それはやめます。

ここに宣言します。
英語を極めるに専念します!
英語学習を通して、人は変われるのだということ実感します。

ほかに好きなことと言えば~、講演会やセミナーに参加することです。これも結局は、自分の知らなかったことを知ることが楽しいから参加しているのでしょうね。英語学習にも一致してます。


明日は、今日の講演会の内容をより具体化したセミナーに参加です。
新たな気づき・発見を楽しみに、明日も元気に行ってきます。

でも、明日を最後にセミナー類の参加を一旦中止します。
自分を変化させるタネはもう十分自分の中にあるはず。
あとはそれをやるだけなんですから…。

やりたいこと、ここまではっきりしたのは初めてかも。
ここがはっきりしてないから、ブレてあれこれ中途半端に手をだしていたんだと思います。

まずは3月TOEIC!やり遂げます。

コメント
この記事へのコメント
初めまして^^
こんにちは^^
何度かお邪魔したことがあったのですが、初コメントさせて頂きます。私もあれもこれもと手をだして中途半端^^;
未だに何が一番やりたくて何が一番好きなことなのか、答えを出せずにいます。英語の比重は高いのですが、英語だけに必死になれない自分がいます。
最近開き直ったというか、あれもこれもやってみたいならやればいいかなと思っていて、英語に関しては効率よくやれるよう色々考えています。
でも何かを極めたいなら、おっしゃる通りそのことだけに必死に取り組むことが必要ですよね。
ペンギン太郎さんの記事を読んで、自分に活を入れ英語力を伸ばそうという気持ちになりました。
3月のTOEIC是非頑張ってくださいね!



2009/01/25(日) 16:03 | URL | kikka #pjM6Dzec[ 編集]
Re: 初めまして^^
kikkaさん、はじめまして。コメントありがとうございます。
「英語やりたい!」って本当にそう思っているなら、必死にやればいいですよねぇ。
それをやらないのはなぜ?と一度考えることも必要だと、今日このコメントをUpしている時点ではそう思います。(明日になったらどうか分からないけど…)必死にやるほどやりたいことじゃなかったりして~ってこともあるんじゃないかなぁ。
私はちょっとそんな角度から考えてみて、「やっぱりやりたい!」と思えたので必死にやります!3月はやります!応援ありがとう。
2009/01/25(日) 22:28 | URL | ペンギン太郎 #-[ 編集]
必死さが足りない…
私の耳にも痛い言葉です。
私は来年、長女が幼稚園に行く予定なので、
それまでにはなんとか英語を!と思うようになりました。

同級生のご友人はペンギン太郎さんがうらやましいんだと思います。
悪く言うとひがんでるんじゃないかな、と思います。
できないんじゃなくて、しないんですよね。

話は変わりますが…
今年もハッピーダイアリーですよ~。
昨年はひどく使いこなせていませんでしたが
めげずにまた買ってしまいました。
今年は使いこなします!!

2009/01/26(月) 22:49 | URL | こと #-[ 編集]
Re: タイトルなし
ことさん、こんにちわ。
必死さが~のことは、何かにチャレンジしている人でうまくいってない人に当てはまることだと思います。ただし、必死になるほど必要なのかってことで、そうでない人もいるわけです。そこの部分をクリアにしてから、じゃないといつまでたっても必死さがでないのじゃないかしら?って。

同級生のこと、それほど気にしてませんから。全く、気にしてないわけじゃないですけど。
うらやましいのかもしれないし、考えたこともないことを目の前にしての拒絶反応ということもあると思います。彼女自身の常識の範囲を超えていたとか…。彼女が今幸せである状態で変わる必要がないのなら、それでいいのですよ。変わりたい!っていうときに、その枠組みを超えていく必要が出たときに、もしかしらた受け入けられるときがくるのかもしれません。考え方人それぞれなんですよね~、結局。だから、わかって欲しいとも思っていません。でも、私自身の心が揺れ動いてしまったということで、記事にUpしちゃってます(笑)読み返したときに、笑える記事の1つとなっていること望みます!
2009/01/27(火) 13:01 | URL | ペンギン太郎 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mezasetoeic900.blog114.fc2.com/tb.php/256-d2c4d1ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。