33歳で出産準備のために専業主婦になったのをきっかけに本格的に学習を開始。英語に縁がなかったごくごくふつーの主婦が中学英語復習からスタート。子育て&英語学習に奮闘中!目指すはTOEIC900点獲得と英検1級合格。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今月は学習時間合計は28.0hでした。

学習内容
・NHKラジオ英会話入門 ほぼ毎日
・日常英会話best表現1100(明日香出版) 音読50回1セット終了
・中学英文法問題集 1冊
このほかに30分の散歩中のリスニングもほぼ毎日続けました。

3日坊主の私にしては、上出来な結果です。短い時間ながらもほぼ毎日学習時間を持てたことは評価できます。
今後はさらに学習時間を延ばして、最終的には1日3時間は学習できるような体質にもっていきたいと思います。



スポンサーサイト
今は休止してますが、以前はまった学習方法にSSS学習法というものがあります。
これは自分が読んで楽しいと感じる洋書をとにかくたくさん読むという方法です。この方法は
いっぱい読めばしっかり身につく 今日から読みます 英語100万語!」 (日本実業出版)
にを読んで知りました。

学習の進め方などは本に詳しくのっていて、学習サイトもあり、独学者にはとってもありがたい1冊です。記録用の専用手帳も市販されています。

ただし難点がいくつかありました。洋書を購入し続ける資金がないという点です。東京などの都会ではオフ会やら盛んに行われていて、洋書の貸し借りも盛んにな様子。でも地方都市ではそういったグループもなく、結局自分で購入をしなくてはならない状況。公共図書館にも洋書在庫は極貧状態。自分にあったレベルのものとなると、購入しなくてはならないです!!読んだらオークションなどで売ればいいと思いましたが、手間をかけてそれ相応の価格になるのかと疑問大。

学習方法は納得なんです。あとは資金さえあれば…。もしくは自分が都会に住んでいれば…。と悔やみつつこの方法はいったん休止することにしました。

今の学習ステップがあがっていくと多読時期がくるので、そのときにまた再開をしたいと思います。


9月3日よりNHKラジオ英語講座「英会話入門」を聞き始めました。

私の学習方法は、以前にも紹介しましたが音読を何度もすることです。

テキストを見ずにまずはリスニングで内容を推測。
語彙解説中は一緒にテキストをチェックして、本日のダイアログの内容をざっと確認。
ダイアログ読み上げ練習中は、日本語訳を1つづチェックしながら発音練習をします。
放送終了後は、集中的に音読をします。まずは1文ごとに各20回音読。その後ダイアログ全体を30回音読。
50回音読をすると、だいたいの暗記してます。

放送を聴いた翌日に、20回音読をします。
前日につまづいた表現は、やっぱり忘れてしまっていることが多いです。あまり気にしないようにしてます。


3回目の復習は1ヵ月後の予定です。その際は1文づつ音読して、ノートに書いて覚えていこうと思っています。


授業以外の不満な点についても書いておきます。

レッスンの予約についてです。自分が行きたいという時間はほかの生徒さんにも都合がいい時間なようで、とても予約がとりづらかったです。
人気のある時間は、会社帰り、平日19時以降です。土日の午前中の授業も割りと人気でした。逆に不人気な時間にとると、生徒が自分1人で豪華マンツーマンレッスンになるという時もありました。(ラッキーなときもあるもんですね)

学校側に営業パフォーマンスもうざいです。まだ授業を1/3も消化してないのに追加のレッスンチケットを購入しないかとか、いいテキストがあるよとか、ことあるごとに営業をしてきます。通学当時まだウブな20代OLだった私には、とても嫌でした。単に「いりません!」とだけ言えばいいのでしょうが…。

英会話学校の情報については、いろんなサイトでレポート報告あり。そちらも参考にして、失敗しない学校選びをしてくださいね。

<英会話学校情報サイト>
英会話スクール研究所
英会話schoolじゃぱん
NOVAでの授業の様子を紹介します。

だいたいレッスンは生徒3名程度に外国人講師が1名です。
レッスン開始の最初の10分程度は毎回自己紹介をさせられます。その後テキストを使用して1つの英文表現を学びます。

とにかく嫌だったのが、毎回の自己紹介です。同じような内容を毎度のように言うハメになるのですから。時間の無駄とさえ感じていました。

同席する生徒は同じレベルのはずなのですが、英文法知識の差によって授業理解度に差ができてしまっているようで、それによるもどかしさも感じました。というのは、私自身が受験英語を詰め込んだ経験があるので英文法は割と記憶があり授業で解説される表現方法はすでに知っていたのでものたりないという不満が沸いてきてしまったのです。

授業はほとんど理解したので、すぐにレベルをUPしてもらえるのかと思っていました。が、どうやらある程度授業を消化しないと上のレベルにはいけないようでした。仕事が忙しかったので、週1回のペースでしか通えず、このペースではなかなか授業を消化することもできず、クラスはあがらず、授業は簡単でつまらない、よってやる気もでないという状態になってしまいました。

通学していた当時は、「たくさんの表現・語彙を覚えていけば達人になれる」という考え方だったので、簡単な表現構文をほんの少ししか教えてくれない授業形態にともて不満でした。高い授業料を払って、損をしたとすぐに思いました。

今を振り返ると、学校の利用方法を間違えていたと思います。
独学で英語力をつけてある程度しゃべれる状態になってから、アウトプットの場として利用をすれば、自分には学校利用も有益なものになったと、今は考えます。

英会話学校に通って英語を習得したという方ももちろんいらっしゃるので、一概に役に立たたずとはいえませんが、私が利用するのはまだまだ時期が早いというのが正直なところです。
以前に英会話学校に行ったことがあります。
今問題になっているあのNOVAです。

半年ほど通いました。が、結局最後まで通学せずで解約をしました。

入学から解約までのことを紹介しておきます。
現在入学を検討されている方の参考になれば幸いです。


まず入学を思い立ったきっかけは、独学で勉強をしているとどうしても怠けてしまう自分に嫌気がさして、少々の投資をすれば「元をとってやろう!」と本気になって勉強をするのではないかというものでした。

見学した学校は、NOVA、ジオス、イーオンの大手3校。通勤に利用する駅の近くにありました。
見学を希望の時はなるべく電話をしていってからのほうがいいようです。突然見学をしに行っても、営業担当の人がいなかったり、インタビューをしてくれる講師に空きがなかったりということがあるからです。

見学時の流れは、

 アンケート用紙を記入
     ↓
 学校の仕組みをパンフレットで説明・教室見学など
     ↓
 講師とのインタビューでレベルチェックされる
     ↓
 レベル判定の結果に基づき具体的なコースの説明
     ↓
 授業価格・時間帯・契約方法などの説明

となっています。

一番最初に書くアンケートの内容は
勉強をしたい理由、取得資格状況、通学したい時間帯、予算などで
この内容をもとに営業トークが展開されます。

講師とのインタビューは、自己紹介などに始まりとにかく会話を楽しみましょう!だいたい10分程度です。無料体験レッスンというのは、このレベルチェックインタビューのことです。いつでも無料ですからあしからず。

レベル判定の後の話からが本題です。自分にあったレベルコースの授業がいつ行われているのか、価格はいくらなのかと具体的な話になるからです。聞きたいことは遠慮せずにどんどん聞きましょう。実際に使っているテキストなども希望すれば見せてもらえます。

注意しなければならないのは、お勧めされるコースについてです。レベル判定ででた実際の実力とは違ったコースをお勧めされる場合があります。例えば本当は中級レベルコースがいいのだけれど、今現在にそのコースに空きがないときは、空きのあるコースにはめこもうと学校側の作戦があるからです。例えば「基礎からやりなおすべき」などと言葉巧みに初級コースをお勧めされたりすることが実際にあります。(英会話学校運営者より聞いた実話です…)

授業価格についてですが、多分始めて見学をされた方はその高額さ加減にびっくりすることでしょう。しかもその中でも高額のコースをお勧めされるのですから、血の気がひくことと思います。そして「早く決めないとコースが埋まってしまいますよ」のような即決を差し迫るトークさえ展開されるのですから。でも、即決は絶対にしないで!コースが満席になってしまっても、運ですよ。高い買い物をするのですから、見学した当日に契約するのはよしたほうがいいです。一度自宅に帰って、冷静になって判断すべきです。

高額の授業料の支払い方法ですが、基本は受講前の支払いです。一括で支払えない場合は、提携ローンを斡旋されます。「月額○○円でOK」といういい文句は、結局提携ローンを組んでその支払いを毎月返済にしたときのことです。提携ローンの金利は高いです。ちっともお得ではありません。もしローンを組まなくてはという場合は、学校斡旋以外のローンで借りたほうがいいかもしれません。銀行などでローンが組めないか検討してみてからのほうが賢いと思います。

とにかく、学校側のいいなりになって話を鵜呑みにしないことが鉄則です。いい話しかしてきませんから。そんな話を流しつつ、本当に自分にあった授業をしてもらえるのか、学校の雰囲気はいいのか、立地条件はあっているのか、冷静になってじっくりと判断をしてください。





やり直し勉強を開始する前に、学習方法が紹介されている本を何冊か読みました。
一番参考になったのは、「読んで身につけた」40歳からの英語独学法 (講談社プラスアルファ文庫)
です。
内容はNHKラジオ講座を50回音読をしましょうというものでした。また中学英語を文法から復習をしましょうとも書かれていました。簡単にいってしまえば、体で覚えこむしかないといったところでしょうか。

学習方法については、いくつかのサイトも訪問して参考にさせていただきました。一番参考になったのは、「英語上達完全マップ」です。こちらのサイトでは、トレーニング方法から、使用テキスト、学習計画などなど細かく紹介されています。学習方法としては、前述の「40歳から~」と同様に音読をひたすら行うことが重要と紹介されています。中学レベルの簡単な英文をひたすら音読をして体に染み込ませることから学習がスタートします。
私と英語とのお付き合い歴史を公開しておきます。

取得資格は英検2級です。これは大学2年生の時に3回目の受験で獲得できました。もちろんギリギリ合格だったと思います。
TOEICは過去に1度だけ受験しました。2003年秋に受け、結果は490点。これを最後に英語学習からは遠ざかり、今英検2級を受験しても合格は間違いなくしないことでしょうし、TOEICも300点台もとれるかどうか自信がないです。

留学経験、もちろんゼロです。学校英語を学び、大学受験の時は受験英語をつめこみました。社会人になってからはスキルアップとばかりにお勧めとされる学習本を買ってきては、途中で投げ出してばかり。毎年4月にはNHKラジオ講座テキストを購入したものの、6月号まで続けたことは1度もありません。

英会話学校は1度通ったことがあります。が、半年ほど通学して退会しました。

で、やり直し勉強スタートにあたり現在にレベルを把握しようと、NHKラジオ講座をお試しに聞いてみました。
・「レベルアップ英文法」(中3レベル)
  ほとんど内容把握可。理解度90%。
・「英会話入門」(高校レベル)
  大まかな内容は分かるが、細かい表現が聞き取れませんでした。
  理解度75%程度。
・「英会話上級」(高校卒業レベル)
  自分には歯が立たないと実感しました。理解度40%以下?

つまり、現在のレベルは中学英語レベル。
過去に取得した資格のことは忘れて、中学英語からスタートです。
  
33歳にして、英語の勉強を改めてはじめました。

30も過ぎてなぜに英語なのか。
      ↓
答えはもちろん「しゃべれるようになりたい!」からです。

ただ漠然と英語を使いこなせるようになりたいなぁと思って、はや15年ちかくたちます。いまだに入門レベルを抜けきれずにいる私。今年の9月より出産準備のため専業主婦と晴れてなりました。これまでのように仕事をしないかわりに英語を勉強したら英語もマスターできるのでは!?とそんな軽いノリで勉強を開始しました。

お金をかけず・効率よく勉強したいなぁなんて気持ちがもちろんあるので、いい学習法・テキストの情報を手に入れようといくつかの英語学習サイト・学習本を参考にしました。
そこで気づいたこと。運営されているサイトや学習方法を紹介した本の著者は留学経験あり、海外勤務経験ありの方、某有名私立大学出身だったり、はたまた医者だったりと高学歴の方が多いということ。チラホラある専業主婦によるやりなおし英語サイトを訪問しても、よくよく経歴をみれば英語学部出身だったりと、すでに持っているものが違う方ばかり。

三流私立大学の英語とは無縁の学部出身者で単なる専業主婦が、英語なんてマスターできるのかしら…。自分は無茶な野望をいい年して抱いているんじゃないのかしら…。不安がよぎります。

でも、夢があるんです。「老後は海外移住!」という夢が。
その折にはやっぱりせめて英語だけでも使えないと不便な生活になりそうです。
時間はたっぷり30年近くあります。おまけに専業主婦で日常生活内でも自分の時間がほかの方に比べればとりやすい身分です。勉強できないわけがないと考えるようにしました。

目標は
・英検1級
・TOEIC900点
です。
大きすぎますか?
やるからにはこれくらいは掲げないと、と今はやる気マンマンです。

独学でお金をなるべくかけずに、と考えてます。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。